輸入車を高く売るベストな方法とは

車の売却に必要な書類と売却のタイミング

車を売却する時には、車の清掃・装備品が正常に作動するかなどを事前にセルフチェックしておく事がポイントです。しかし、それらと並行して行う事が求められる事もあります。それは「必要書類の準備」です。普段はダッシュボードに入れたままのこれらの書類。しかし、意外にも車を売却する時に初めて紛失している事に気づく方は多くいます。査定直前で再発行などバタバタしないためにも、事前のセルフチェックがポイントです。そこで今回は「車の売却に必要な書類とは。車を実際に売るとなった時の流れを解説」と題して、車売却に必要な書類・車を売却した時の流れを同時にご紹介します!書類の再発行には意外に時間と手間が掛かるので、事前に確認する事が重要です。

 

・車検証

車を運転する時はもちろん、車検や点検を受ける時に欠かせないのが「車検証」です。正式には自動車検査証とも呼ばれている、車の鑑定書の意味合いもあります。この車検証がないと車の所有者が不明なだけではなく、車の排気量に応じた税金の計算が行えないため、とても重要な書類です。

 

・自賠責保険証書

車を運転して道路を走る時には自動車保険に加入していないといけません。自動車保険には強制・任意の2つの保険があり、任意保険は自分で保険会社を検討して加入する事となりますが、強制保険は「車に乗る人全てに加入義務があります」。この強制保険に加入している証明として自賠責保険証書があります。この書類も車検証と同じく重要な書類ですので、紛失には注意しましょう。

 

・納税証明書

車を所有している人は税金を納める義務もあります。車の税金で有名なのが自動車税・取得税・重量税などがありますが、これらの税金を滞納すると罰せられます。また車を運転する事も出来ません。これらの税金を確実に支払っている事の証明として「納税証明書」があります。

 

・査定の依頼〜査定金額の受け取りまで

では、実際に「車を売却する時の流れ」はどの様になっているのでしょうか?まずは車の査定を行ってくれる業者へ依頼します。依頼方法は電話はもちろんですが、最近ではインターネットでも査定依頼が出来ますので、時間が無く忙しい方にはおすすめです。その後は査定依頼時に決めた日時に車を用意して査定を受けます。査定が終了したら、業者が準備する売却証明書に必要事項(氏名・住所・査定金額の振込先など)を記入したら完了です。ちなみに、査定を行う場所は自宅以外でも可能で、コインパーキングなども査定場所として活用されています。

ホーム RSS購読 サイトマップ