輸入車を高く売るベストな方法とは

車の売却時のベストなタイミングとは

車を購入する時には、フルモデルチェンジやマイナーチェンジなどの変換期が向いていると言われています。一方、車を売却する時期にもベストのタイミングが存在します。就職や転勤、進学や引っ越しなど車を売却する時期や理由も様々ですが、少しのポイントを意識するだけで意外な高額査定を受ける可能性があります。そこで今回は「車の売却時期やタイミング、いつ売るのがベストなのか?」と題して、効率的で効果的な車の売却方法について、項目別にご紹介します!

 

・3月などの年度末

車に限らず1年のうちで最も世間が慌ただしくなる時期は「3月の年度末」と言われています。年度末で車に関係する事柄としては、車を販売する営業マンや販売店はノルマの達成時期があります。また、車は販売するだけではなく買取も行っています。これら車を買い取る業者も年度末は例外ではなく、販売と同じ様に車買取のノルマを達成する必要があります。これらの事を考えると、車を売却する時期・タイミングの両方を満たしていると言えます。また、年度末以外に車を売却した時と比較しても、査定金額が若干上がる・査定金額は同じでも他のサービスなどが付いてくるなど、車を売却する側としてはメリットが多いと言えるでしょう。

 

・モデルチェンジなどの時期

一般的に車は、2〜3年毎にモデルチェンジが行われます。車種によっては2年を待たずにマイナーチェンジを行う車種もあります。フルモデルチェンジ・マイナーチェンジなどが行われると、それ以前の車は生産と販売が終了になるケースが大半です。実は、このモデルチェンジなども車の売却に向いている時期と言えます。理由としてはモデルチェンジを行う前のモデルの方が、デザインや性能で評価が高いと以前のモデルが高額で取引される可能性があるためです。これらの傾向は特にスポーツカーに見られ、新型モデルより旧型モデルの方が価格が高いという現象も一部の車種で見られます。

 

・税金などが上がる前

車を購入すると、毎年4月には「自動車税・重量税」などの納付書が自宅に送られてきます。最近販売されている車の中にはエコカーとして、自動車税・取得税・重量税が免除や減額される措置がされている事をよく見かけます。この税金ですが税率の改定も不定期で行われていて、「税金が上がる前に」車を売却する事も維持費の面でベストと言えます。ちなみに、2017年以降のエコカー減税については変更になる可能性がありますので、維持費が気になる方は注意が必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ