輸入車を高く売るベストな方法とは

車査定の際の査定額算出方法

 

 

車の査定の基準というのは一般人にとってはなかなかわかりづらいものですが、車を売るときには大きな金額が動くことになりますから、ある程度算出方法を知っておくことが大切です。
どのように査定額が決まるのか知っておけば、提示された金額に対して疑問を持った時に説明を求めることでその金額が根拠のあるものなのか、あるいは安く買い取るために不当に低く提示されたものなのか判断することができます。

 

●車両ごとに基本となる価格がある

自動車の査定では各店舗ごとに基準となる価格があり、どのような車を高く評価するのかというのは店舗によって変わってきます。
ファミリー層を対象とした店舗であればミニバンやSUVと言った車の評価が高くなりますし、走りを重視する客を対象とした店ではスポーツカーの評価が高くなり、逆にミニバンやSUVのような車は評価が低めになります。
同じ店であってもタイミング次第では買取を強化したい車の基本価格が上昇したり、あるいは在庫過多となれば下がることもあります。

 

●基本価格に対して加点や減点がされる

最終的な査定額は基本価格に車の状態に応じて加点をしたり減点をして、価格が決まります。
点数は1点につきおおよそ1000円程度となっていて、金額が出るときにはその他の要因である程度変動することもありますが、大体1000円ぐらいだと覚えておくと役に立ちます。
内外装が傷や汚れがないかを確認して標準のものよりも綺麗であれば、加点となり悪ければ減点となります。
同じように走行距離が標準のものとくらべて多いか少ないか、エンジンの状態は良好かということをチェックされて加点や減点が行われます。
そして、最後に基本価格から加点が多いか少ないかによって、査定額が出てくるということになるのです。
そのため、査定額に不満があったり納得行かない点があればどの部分がどのように評価されて、逆にマイナスとなっているのかということを訪ねれば、車をしっかりと見てくれているのかどうかを知ることができます。
査定士が見落としをするということはありませんが、安く買うために査定額を伝える時にはプラスになる部分をプラスにはせず安い金額を伝えるということはありますから、おかしいと思ったときには査定の内訳を教えてもらうことによって不当に評価をされている部分がわかるようになります。
相手が正直に教えてくれるとは限りませんが、査定に関する知識を持っているということが相手にわかれば有利になりますし、不誠実な業者を見抜くための材料にもなるので算出方法を知っておくことは非常に役に立つこととなるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ