輸入車を高く売るベストな方法とは

車の維持費と税金について

車の維持費税金について

 

車というのは所有をしているだけでお金がかかるものであり、全く乗らなくても維持費が必要となります。
車の状態を維持するために必要な経費と車を所有しているだけで発生をする税金があるので、車の所有を考えているときには維持費税金をよく理解しておくことが大切です。

 

●車の維持に必要なお金

車を維持していくには色々なお金がかかりますが、ひとつには燃料代があります。
燃料がなければ車は走りませんから、どのような車でも燃料代は必ずかかります。
車を動かせば消耗をすることになりますから、消耗した部品の交換をする必要があり部品代や修理のための工賃も車の維持に必要なお金となるので覚えておきましょう。
車は保管しておく場所が必要ですから、自前の保管場所がなければ駐車場代も発生することになります。
地下の高い地域では、駐車場代の負担というのはかなり大きなものとなりますから、保管場所にかかる費用というのも忘れてはなりません。
車検の際に必ず加入をしなければならない強制保険の自賠責ですが、こちらも車を公道で走らせることができるようにするためには、加入が不可欠であるため避けられない出費となります。
一方、任意の自動車保険な加入をしなくても法的には問題ないものの、安心して車を乗るためには欠かすことができないため、車を維持していくためには必要なお金と見ることができます。
車は維持をしていくだけでも、最低限これだけのお金がかかるということを覚えておきましょう。

 

●車に発生する税金

車は税金の塊と言われるように、所有しているだけで様々な税金が取られるので税金に関しても理解をしておく必要があります。
車の税金と聞いて多くの人が最初に思い浮かべるであろう税金として、自動車税があります。
4/1時点の所有者に課され、5月頃に支払うことになる自動車税は決して小さくない金額だけにこの時期になると頭を痛めてしまうという人も少なくありません。
更に自動車税以外にも車検の度に発生する自動車重量税と言うものがあり、車検の時には自動車重量税に加えて自賠責の加入も必要になり、車の状態によっては整備も必要となってくるため車検にはまとまったお金が必要となってしまいます。
車の維持に必要な燃料代にかかる税金というのも、車に発生する税金と言えガソリン車であればガソリン税が、軽油には軽油取引税がかかり更にそこに消費税まで加算をされることになります。
車にはこれだけの税金が発生するため、税金の塊と言われるのもあながち間違った話ではないのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ